看護師の求人は支援もある

『潜在看護師』という聞きなれない言葉を、あるニュース番組で耳にしました。

看護師資格はもっているけれども、子育てや諸般の事情で看護師として働いていない方々のことです。

子供の手が離れ、少しの時間でも、看護師の資格を活用して働きたい、と思った時に、問題になるのがブランクです。

何年も看護師をしていないため、技術が落ちている点を気にして、看護師の仕事になかなか踏み出せない、という方がいらっしゃるんですね。

現在の医療現場は、看護師の求人に関しては、引く手あまた。

インターネットで検索していただくと、医療関係の求人専門のホームページも常設されており、そこで求人情報をゲットできたりするわけですが、ブランクを気にして、なかなかその第一歩を踏み出すことができない、という問題があったりします。

この『潜在看護師』をなんとか現場で活躍できるようにすることはできないか、ということで、看護師のブランクがある方には、専門の支援セミナーがあったりして、いろいろな面でサポートをしていたりします。

そういった支援を経て、看護師の声(http://www.kango-roo.com/)や求人に関する情報を集め、再就職をする方もいらっしゃるようです。

と、わたしがなぜこんなことを書いているかというと、転職活動中なのですよね。